レゴ「カラコロピタン」で必要な追加パーツ数えてみた

クリエイティブ

レゴブロックで作るからくり装置「カラコロピタン!」が最高

最近レゴに親子でハマっていて、購入したのがポプラ社から出版されているこの書籍。レゴとボールと紙パーツを組み合わせて、ピタゴラスイッチのようなからくり装置が作れます。5歳児にはちょっと難しいかなと 最初思ったのですが、親が一緒に説明しながら必要なブロックを渡していくと、手順通りに作ることができました。

この本、本当に買ってよかった!ととても満足するほど、気に入っています。保育園が休園になってしまった時のおうち遊びにもとても助かりました。

唯一のデメリットは、必要なパーツが足りないこと

とても気にいっているこの本ですが、1つだけデメリットがあります。アマゾンの口コミレビューなどにも書かれていますが、この本に付属しているパーツだけで作ることができるのは装置の1つ「クイントプル」だけなのです。

この本には10個のからくり装置が紹介されていますが、2つ目以降を作ろうと思うと追加でパーツがたくさん必要になります。

10個全部の装置を同時に作りたいのに……足りない

追加のレゴブロックが必要といっても2 × 3といった普通の汎用ブロックだけだと良いのですが、 意外とピンつきブロックや十字じくなど特殊なパーツも結構必要だったりします。しかも、からくり装置10個を全部つなげてピタゴラスイッチを完成させようとすると、「本についているレゴブロック」と紹介されているパーツも圧倒的に足りないことに途中で気づきました涙

【本についているレゴブロック欄】追加で購入したパーツ数

ということで、10個全部の装置を 同時に作りたい場合に、この本のパーツ数では足りない「本についているレゴブロック」欄の追加分を手作業で数えました。メモがわりに私が追加で購入したパーツを紹介します。

素人が手作業でカウントしたものなので、間違いがあるかもしれません。

ここに記載しているのは「ひつようなもの」内の「本についているレゴブロック」欄の部分で、装置10個同時に作る場合に足りず私が購入した数のみです。付属パーツ含めて合計何個必要かは書籍を購入してご確認ください。

「キミのもっているレゴブロック」欄はカウントしていません。

1.あなあきプレート 2×6 32001追加購入0

2.あなあきブロック 1×12 3895追加購入5
3.

4.あなあきブロック 1×2 3700追加購入0
5.逆スロープ 1×3 4287追加購入1
6.タイヤ 92402追加購入0
7.ハブ 55981追加購入1
8.ピンつきブロック 2×2 30000追加購入6
9.長い十字じく 3708追加購入1
10.みじかい十字じく 3706追加購入1
11.ストップつき十字じく 32209追加購入1
12.じくうけ 3713追加購入1
13.ピンつき十字じく 3749追加購入1
14.アングルコネクター(180度) 32034追加購入1
15.アングルコネクター(0度) 32013追加購入1

LEGOをバラ単品で購入するなら通販がおすすめ

上記でもリンクをしていますが、レゴの単品パーツが欲しい時は通販のお店がおすすめです。brickersさんは800円以上の注文なら送料無料♡サイトのページも、欲しいレゴパーツが探しやすいです。
↓オリジナルセットも販売されています。このキーホルダーセット、便利そう&かわいいな〜


コメント

タイトルとURLをコピーしました